企 業 情 報

加茂総桐箪笥製造販売
会社の概要 会社の特色 会社の沿革 会社の技術力 ロケーション
会社の概要
 代表者 番場 堅
 住  所 本社 〒959-1332
   新潟県加茂市上条3−5
工場 〒959-1502
   新潟県南蒲原郡田上町田上2887
 電話番号 本社  0256−52−1537
工場  0256−57−4925
 FAX番号 工場  0256−57−4925
 E−mail bnb-ktc.01@rose.plala.or.jp
 設立年月日 平成4年5月1日
 資本金 300万円
 業 種 総桐箪笥製造販売
 従業員数 男性5人
 事業内容 総桐箪笥並び桐製品の製造販売
  


会社の特色
 親子伝統工芸士 職人気質で文化継承
  当社は1926年、初代 番場堅次により創立され、現在二代目 番場堅介と三代目 番場 堅が親子二代、伝統工芸士として桐箪笥作りに専念しています。

二代目
番場堅介
 
三代目
番場 堅
 優れた箪笥を作るためには、まず、桐のなかでも絹のような光沢を持ち、最高品質といわれる福島県産会津桐の原木を仕入れることから始まります。 伐採後の桐丸太は、しばらく野積みにして水分を抜き「材」を締めます。その後製材した桐板は「アク抜き」と「乾燥」のため1〜2年、天日風雨にさらして手入れをします。 乾燥した桐板は倉庫に取り込みゆっくり養生します。 そしてようやく熟練職人の手によって桐箪笥の姿となります。 これら一連の作業と自然や時間という普遍的な力が素材の長所を100%引き出し、長期にわたり板割れや変色の少ない「一生もの」と呼べる桐箪笥を作り上げるのです。
 経営者の性格は製品に表れるといわれます。
当社の桐箪笥は使い込むほどにその良さがわかっていただけるものと確信しております。 


会社の沿革
◇ 大正15年 創業
◇ 平成 4年 (有)番場たんす店設立
◇ 平成22年 番場堅介 瑞宝単光章受章


会社の技術力

現在は見る機会が少なくなった額戸とよばれる扉。扉の構造が額縁のように落とし込み構造になっています。フラットな扉に比べ立体感があり箪笥全体が引き締まった印象になります。また、扉そのものの重量も軽くできるため金具(丁つがい)に無理がかかりません。当社の額戸は特殊構造となっており、十分な強度と耐久性をもっています。しかし製作には熟練した技術と時間も必要とするため、この技術をマスターしている職人は貴重な存在です。


主要商品紹介
商品1
商品2
商品3


商品4

商品名 3.9オリジナルT型

参考価格 1,390,000円(税別)

抜群の収納力が自慢の最高級桐箪笥。これ一棹で着物と帯、小物をすっきり整理保存できます。手の込んだ額戸仕様 衣裳盆7杯、帯盆3杯、小引き出し2杯、隠し箱付き 仕様変更可能

W1,182×D470×H1,770
本体板厚一寸板使用(29 mm)

商品名 3.6六ツ口大開き

参考価格 
1,200,000円(税別)

小引き出しが外側にあり、使いやすい和箪笥。扉内部には衣装盆7杯。隠し箱付き。仕様変更可能


W1,090×D470×H1,770
本体板厚29mm

商品名 3.5 小袖 六の三 南天福寿

参考価格
 630,000円(税別)

収納物を選ばない万能チェスト。上下2分割。隠し箱付き。 仕様変更可能



W1,060×D470×H1,240
本体板厚 21mm

商品名 和風リビングチェスト

参考価格
 900,000円(税別)

本体に多数の秘密のスペースを設けた「からくり箪笥」。台輪と縁貼りに桑を使用。



W790×D420×H940
本体板厚 29mm



ロケーション
・・・・ 工場案内地図 ・・・・ ・・・・ 本社案内地図 ・・・・

大きな地図で見る

大きな地図で見る